枝垂桜が満開です

2018年4月18日、敷地の枝垂桜はほぼ満開になっております。今春は例年より暖かく、岡谷の町でもずいぶん早くいろんな花が一斉に咲きました。木蓮と梅と桜が同時に咲いているのを見たのは生まれて初めてです。回廊脇から見ると、桜のトンネルみたいです。建物の方は、壁の下地胴縁が入り、鉄骨工事が一段落しております。真っ直ぐな梁からアール形状の壁を作る胴縁を繋ぐためのプレートが出ているので、一枚ずつ長さが違っています。枝垂桜越しに見える阿弥陀堂、来春は完成しています!

鳳凰モデリング

2018年4月18日、中村哲也さんが鳳凰の原寸大モデルをFRPで作成してお持ちくださいました。陰影や形状がわかり易いように、黒く塗装しています。前回のモデルから翼や細部形状が変わって、さらにカッコ良くなりました。最終的にはアルミ鋳物で制作して、金箔を貼る予定です。実際鳳凰が乗る部分の屋根下地の鉄骨に乗せてみました。建物とのバランスを確認します。反対側も。自然光を浴びるとさらに躍動感が増します。いまにも飛び立ちそうです。

土間配筋検査

2018年4月4日、土間配筋が完了しました。翌日にはコンクリートを打設しますので、配筋検査を実施しました。向拝入口の唐破風屋根が乗る部分の袖壁は、鉄筋コンクリートで作って大理石を貼ります。今は下地の鉄筋のみの状態です。唐破風屋根は木造で、大工さんの手により作られます。阿弥陀堂内部です。黄色い箱状に見える部分は、阿弥陀如来様の下に作る合葬墓に納骨する際の納骨口です。左床面には点検口も設け、地下合葬墓側面の扉から内部のメンテナンスができるようになっています。北側からの振り返りです。2期工区では手前側に西方之間という納骨堂部分がさらに作られます。下の県道から見上げてみました。写真は逆光で見えにくいですが、回廊の柱が良く見えます。前面の枝垂桜ももうすぐ咲きそうです。