木下地

2018年6月20日、雨の中、工事は着々と進んでいます。壁下地ができてきました。向拝の屋根も天井下地ができてきました。阿弥陀様の須弥壇もコンクリート下地ができました。西方之間の屋根下地が進んでいます。工事は順調ですが、法面補強の植生は、あまり成長が早くありません((+_+))芽吹きがまばらです。梅雨の間に緑で覆われればいいなぁ。

浄蓮之間天井下地

2018年6月20日、浄蓮之間の天井間接照明の下地ユニットが出来てきました。一番小さい部分のユニットを現場事務所に運んで、周囲の天井との納まりや、照明器具の納まりを検討しました。穴の縁を薄くするために、家具屋さんが下地ユニットを作っています。これを天井に吊り上げて、天井ボードを周りに突き付けて貼って行きます。ユニットは、照明器具が入る平場が30cmあるので、近くで覗き込まない限り、照明器具は見えません。こんな形の穴が天井に大小12ヶ所開いて、蓮池のような幻想的な風景になる予定です。今回は壁に立てかけての検証でしたので、次回は実際に天井面に固定して塗装も白く施し、見え方や仕上がりを確認してみます。

唐破風屋根

2018年6月13日、現場はだいぶ緑葉に覆われてきました。阿弥陀堂向拝の唐破風屋根の下地が出来てきました。てりむくりの曲面は、小幅板で作っています。大工さんの腕の見せ所です。化粧垂木も綺麗に並びました。このところ現場に行く度雨でしたが、この日は晴れて、午後の西日が丁度阿弥陀堂内に入って来ていました。三山の木を何本か伐採したので、以前よりだいぶ西日の強さが違います。西方之間の鉄骨も建ち、外壁下地も張られてきたので、建物全体のボリュームが見えて来ました。

傳來工房工場見学

2018年6月4日、京都の傳來工房さんへ工場見学に伺いました。傳來工房さんには、阿弥陀堂入口の大きな建具と、正面軒下の丸柱に施す鋳物レリーフの制作をお願いします。入口にはウェルカムボードまでご用意いただいていました。(個人名は画像処理シマシタ(^o^)丿)傳來工房は、平安時代初期創業と伝えられ、弘法大師空海が唐より持ち帰った鋳造技術を受け継ぎ、以来、技能の一番優れた一番弟子が代々「傳來(でんらい)」の銘を継承し今に至る、大変古くからの伝統ある会社でありながら、柔軟なオーダー対応力で新たな時代にも技術を継承しつつご活躍されています。工場見学は鋳物の製造工程をご説明いただきながら拝見して参りました。工場内は毎日お掃除されているそうで、とても綺麗にされていました。また、お仕事中にお邪魔しましたが、従業員の方々も皆さん丁寧にご挨拶くださいました。色々な仕上形状の違うサンプルを見比べながら、今回の阿弥陀堂のイメージと重ねてみます。傳來工房さんでは、デザインを一から起こすところから、木型づくり、鋳型づくりと全てフルオーダーで制作されます。一度使った型の転用は一切されませんので、細部に至るまで拘りぬいたフルオリジナルのフルオーダー鋳物が出来上がってくるのです。阿弥陀堂入口引戸には、蓮の花とツル模様のレリーフが入ります。近いイメージの模様の、部分サンプルを作っていただきました。アルミ鋳物に塗装を施すのですが、サンプルに塗っていただいた色より、上に置いた濃い目のブロンズ色見本の方が良さそうです。再度サンプルにブロンズ色を施して、後日宅配送していただく事になりました。暑い中、出迎えから見送りまで本当にありがとうございました!

須弥壇台座

2018年5月23日、木曽アルテックさんが須弥壇上の阿弥陀様台座の部分模型と僧正像台座の図面をお持ちくださいました。最終的な台座には黒漆が施され、波形状や縁の照り上がりが特徴となります。阿弥陀様を下から照らす照明器具の実物を仕込んで、取外しの方法や光の角度を検討しました。今回の模型では堀込深さが深かったので、もう少し浅くする方法と、堀込範囲や角度の修正が必要ということが判明しました。木曽アルテックさんの方で再度図面等修正いただく予定です。