家具と虹

2018年8月8日、午前中に木曽アルテック社さんに伺って、齊藤社長と家具の打合せをしてきました。実際の御位牌(未使用です)をお借りして、位牌壇の詳細をすり合わせました。 工房にお邪魔しました。色んな工作機械がありました。 須弥壇台座の下地が組まれているところです。照明も入るので、点検口の大きさ等を確認しました。夏の木曽路を走るのはとても気持ちの良いドライブでした。午後は定例会議でした。この日は外壁色や回廊床の洗い出し等、仕上材の色が順調に決まりました。 現場は下塗りから中塗りに移行中です。 仕上材が決まって、全体像が見えてきたなーとホッとした瞬間、空に大きな虹が掛っていました。大きな弧を描いたもう一方の端は、諏訪湖を飛び超えて八ヶ岳のすそ野まで伸びているようでした。何かとてもスピリチュアルなものを感じます。

阿弥陀堂の天井

2018年8月1日、中村哲也さんから、阿弥陀堂天井の原型制作中写真が送られてきました。富山県の工房、STUDIO/HOTで作られています。映っているのは、原型制作にご協力いただいていて、ご自身も彫刻家でいらっしゃる、清河北斗さんです。人と並ぶと大きさが良く分かりますが、大きいです。この原型を元にFRPの天井を形作って行かれるのですが、磨き込みの手間が膨大な作業です。できれば富山の工房に見学にお邪魔したいものです。できれば新鮮な海の幸なども( ^ω^)・・・

屋根銅板葺

2018年8月1日、連日の猛暑の中、屋根の銅板葺きが進められてきましたが、ここで屋根銅板は完成となりました。汗が落ちると銅板が変色するので、職人さん達は極力汗を落さないようにするのだそうです。唐破風の銅板も綺麗に仕上がっています。屋根職人さんは東京駅の屋根なども手掛けていらっしゃる、二見屋さんです。西方之間の屋根も完成です。外壁は左官の下塗りが始まっています。軒天も漆喰仕上なので、左官下地が施されています。下塗りの段階ですが、壁面の表情がとても良い感じです。浄蓮之間は、天井と壁の下地ができました。ボードの取り合い部分の複雑さで、職人さん方のご苦労がしのばれます。密厳之間の階段状の天井下地と、壁の下地もできました。西方之間の天井と壁もだいぶ出来てきました。しばらく見ない間に、法面の植物がだいぶ育ってきました。これから工事は仕上の大詰めを迎えます。植物が育つスピードに負けないくらいの変化が日々起こって来ます。