工事過程と成果

長い間ブログ更新を怠っております間に、阿弥陀堂工事は着々と進み、今現在(2018年12月25日)は既に建物のお引渡しも済み、阿弥陀様の開眼法要も、無事執り行われました。あんまり飛んでしまうと、工事の苦労が報われない気もしますので、少し振り返りつつ、のんびり更新におつきあいくださいませ。23間廊の床は、左官屋さんの手仕事による、洗い出し仕上としています。京都の寺院などではよく使われる技術ですが、この寒冷地岡谷で、この規模の洗い出しの床は、正直施工側からは不安視する声もありました。しかし!地元の左官屋さんにも熟練職人さんがいらっしゃったのです。びっちり目の詰まった、美しい洗い出しの床ができました。クラック防止の誘発目地にはステンレスの目地棒を埋め込んでおります。建物の基礎部分の立上りも、ぐるりと裏側まで、洗い出し仕上にしております。銅板の水切り金物と相まって、とてもとても良い質感に仕上がりました。23間廊のアルミハニカムパネルの庇は、たった5センチの薄さですが、強度に優れ、シャープなシルエットで廊の長さを引き立てております。1間ごとの丸柱にはスポットライトが設置され、アルミハニカム庇を照らし上げる事で、レフ板のように建物全体を光に包むという効果も発揮します。西方之間の外壁ボーダータイルは、細長い建物なので、途中質感を変える事で変化をつける役割と、連綿と続く命の歴史を積み重ねる、地層のイメージで、目地幅を大きく取り、何層もの重なりを表現しております。目地は一本一本細ゴテで外壁材を詰めており、非常に時間と手間が掛かりました。